読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカライブ! # 1 に行ってきた #Scalive

Scala

7月15日(火)にさくらインターネットさんで開催された掲題のイベントに行ってきた。 主催の芸者東京さんとMAVERICKさん、会場提供のさくらインターネットさんありがとうございます。

ScalaはGroovyと共に最近興味があったのと、会社が西新宿なので近いしちょうどいいやということで参加。

芸者東京さんはソーシャルゲームの会社らしい。MAVERICKさんはアドテクの会社でまだ創業1年経っていないとのこと。個人的には美少女こと@さんが加入した会社なので気になっていたりする。

感想は以下。

  • Scala出来る人はほとんどいないので、複数の言語を使える人を採用しているらしい。Scalaを使えるようになる人を採るとのこと。自分も会社で今担当しているサービスの作り替えはScalaかなあと上司と話していたばかりなので参考にしたい
  • やっぱりコンパイルは遅い模様。これが聞かれなくなるのはいつになるのだろうか。遅くならないような作り方とかあるのだろうか?よく分かってないけどimplicit conversionを極力使わないとか?
  • Scalaエコシステムはまだ発展途上な印象。このイベントには参加されていなかったが、竹添さんの言うようにエンジニアとしてはコントリビュート等いろいろやりがいはあるかも。セルフブランディングにもなるし

懇親会には、どうも綺麗なお姉さんがいると思ったら、なんと転職エージェントの方だった。最近はエンジニアの勉強会にも参加されたりしているとのこと。芸者東京さんもMAVERICKさんも絶賛人材募集中とのことだし、Scala界隈なかなかホットな市場になりつつあるのかもしれない。